若ハゲ 後退

若はげで後退したあなたへ

男性型脱毛症を治療しよう!

読了までの目安時間:約 2分

男性型脱毛症はケアや、一般的な育毛剤で治療する事はほぼ出来ないと言えます。

もちろん、育毛剤の場合、男性型脱毛症に特化した成分配合のものであれば別ですが、従来の血行促進をして受動的に育毛を待つタイプのものでは治る事はありません。

男性型脱毛症は一種の病気と考えて良く、薬で治療すると言うのが主流です。

男性型脱毛症の最も大きな要因であるジヒドロテストステロンを直接的に攻撃出来れば良いのですが、現状ではその効能がある薬などは未開発の状態です。

そこで、ジヒドロテストステロンが生成される前段階の時点で抑制してしまおうと言うのが現在の育毛業界の対策です。

男性ホルモンの抑制にはプロペシア、5aリダクターゼの働きを阻害するのがフィナステリドとそれぞれ効果のある薬があります。

現状、専門医に行くと大抵の場合はプロペシアが処方されます。

もちろん、フィナステリドの効果にも疑いはありませんが、使用歴の長さや、効果の実績からまだプロペシアに軍配が上がると言ったところです。

また、薬は効果も副作用も全ては個々人との相性が重要になってきます。

どれだけ評判が良くて、多くの人に効果があったとしても、それは万人に効果があると言う事とは同義ではないのです。

 

男性型脱毛症以外の原因とは?

読了までの目安時間:約 2分

男性型脱毛症は紛れもない若ハゲの原因です。

これ以外の原因でハゲる事は若い人に限ってはあり得ません。

ですが、複合的に関係がある原因は男性型脱毛症以外にも存在します。

男性型脱毛症の治療にあたっては、この他の要因も並行してケアしていく必要があります。

若い人の場合は代謝が悪い等の要因はあまりあてはまりません。

しかし、脂分などが多く、頭皮に皮脂が多い場合があります。

清潔さを保つ事は育毛において重要な事です。

また、若い人にありがちなのが、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどです。

健康な髪の毛は健康な身体に宿ります。

身体の健康に留意しなければ、健全な頭皮や頭髪は望めません。

頭皮や頭髪は紛れもなく身体の一部で、不健康な人は髪の毛も不健康なのです。

また、生活習慣病などは血液に関係する疾患が多く、血液の巡りが悪いと言う事は髪の毛に良い影響は与えません。

血液は身体の栄養分であり、エネルギーです。

ドロドロの血液で、血流が非常に悪い状態では頭皮や頭髪にキチンと栄養が行き渡っていないと言えるのです。

栄養が不足していれば当然育毛に重大な問題を起こします。

育毛剤が血行促進を中心とした効能のものが多いのも、血液が行き渡らなければ髪の毛が生えて来ないからに他なりません。

 

若ハゲの原因男性型脱毛症とは?

読了までの目安時間:約 2分

若ハゲの原因男性型脱毛症は、若い故に起こるものではありません。

全年齢の方のハゲの原因です。

ですが、加齢などでもハゲの原因となるので、高齢の方は男性型脱毛症だけがハゲの原因ではありません。

それに対して若い人は、他にハゲの原因となる事がほとんどなく、あったとしても主要な原因となるものではありません。

故に、若ハゲになった場合はその原因は男性型脱毛症であると言って過言ではないのです。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過多や、分泌異常などが起因です。

男性ホルモンと元々体内に存在する還元酵素5aリダクターゼが結び付きます。

この2つが結合することでジヒドロテストステロンと言うホルモンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが強力な脱毛作用を発揮します。

ジヒドロテストステロンは育毛のサイクルを著しく乱します。

その事で脱毛のサイクルが早まり、発毛のサイクルが遅くなるのです。

すると脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄毛になり、放置したままだと完全なハゲになっていきます。

こうなってしまっては完全に手遅れとも言えます。

完全なハゲになった後は、毛根や毛穴が死滅してしまう可能性も高く、死滅した毛根は二度と育ちません。

 

 

若ハゲで髪の毛は何故後退していくのか

読了までの目安時間:約 2分

何故か最近抜毛が多い、何となく前頭部が後退した様な気が・・・・。

そんな風に感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

ハゲの原因は実に様々です。

これまではハゲと言えば、その原因は遺伝と相場が決まっていました。

ですが、現在では遺伝は無関係とは言わないまでも中心を担う原因であるとは必ずしも言えなくなってきました。

近年の研究では、ハゲの最も重大な原因は男性型脱毛症と言われています。

別名AGAとも呼ばれ、最近は良く見聞きする事が増えた言葉ではないでしょうか。

良く見聞きする割には、その内容が正確に伝わってはいません。

男性型脱毛症の特徴は、前頭部、つまり生際と頭頂部からハゲが始まる事にあります。

しかし、この2か所以外からハゲるケースはほとんどなく、ゆえに男性型脱毛症はハゲのほとんどを占める原因として注目されているのです。

頭頂部は中々自分で確認し辛いですが、生際は自分でシッカリ確認出来ます。

何となくであっても、前頭部が後退してきた気がしたら要注意です。

男性型脱毛症は進行性で、適切な治療をしない限りは進行が止まる事はありません。

ひたすら事態は悪くなっていくだけなのです。

その為、出来る限り早期発見が重要であり、明確ではない状態で対処しても損はないのです。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報